FC2ブログ

ジローとサブローはコインの裏表



僕サブローは、いつも玄関にすわって女主人の塗りの下駄箱に自分を映していた。

なんと、僕は美男子なんだろうと、いわんばかりに。

だが、ジローには、いつも負ける。体の大きさ、足の太さ、ワン力・・・すべて、負ける・・・

それにあの忠誠心にも。

だけど僕は、美男子だし、頭がいい。紐をほどくことは、朝飯前!!おいそれと、ジローに負けを認める

わけには、いかない。

ご飯の時、いつも、ジローが僕をにらむ。   で、僕は、落としたふりをして、肉の塊をジローのそば

へ、置き、立ち去る。

そんなに、食べたいわけでも、ない。僕はクラッシックを、聞いていたほうが、いいんだ!

特にベートーベンのピアノソナタ熱情3楽章が好きだ・・・・

僕は孤独を愛しているんだ。

ジローは僕に新しく与えられた小屋が気に入らなくて、広告紙をつめろと、上からにらむ。

僕はしょうがないので、広告紙や、新聞紙を自分の小屋へ、つめる。

やらないと、耳をひっぱって、ひきづられる。

ジローは、部屋中を犬小屋にしているくせに!!

こんなレベルの低いジローと一緒にされて、たまるものか!

だが、目があうと、もうだめ。   やるか!!来い。ということになる。

8年目くらいに決闘で、初めて勝った。そして、10年目ジローは、カミナリが、怖くて僕のところに

隠れにきた。そして、立場は逆転したかのように、みえた。


でも、やはり、ジローは僕よりは強かったし、声も太かった。僕よりも長生きした。

弱い僕もジローというライバルのおかげで、15年、生きた。ジローも数ヶ月後命つきた。

ジローも僕もコインの裏表、大して違いは、ない。ジローも本当はそう、思っていたんだろう。

1月10日はサブローの命日です。

仮想の世界と現実


5時2分朝起きた時から、現実の世界がそこにある。 なのに、私の心は仮想の世界、体の95%迄が仮想の世界に浸っている。

なぜだ、いつからこうなったんだ、と思いながら、あわただしく朝の準備が、始まる。

今日は雨降りシローの散歩も無く、手の動作も鈍い。心は仮想の世界。シローパパが出勤、私もすぐ出勤のはずが、右手はPCを、押している。

パスワードが解除されサブローの壁紙が由々するように、私を見ていた。
仮想の世界から来たサブローが現実の世界に引き戻してくれた。

しっかりしなくては・・ブログは私の、心の中でほんのちょっとのはずだったのに・・・いつの間に。

客観的には更新もろくにせず、訪問もろくにしていないのに、意味不明かも知れませんがこんな、経験ありませんか?

明日はサブローの月命日

あすは、サブローの月命日です。仕事で、明日はばたばた朝からするから、今日のうちに、丁寧に般若心経よみました。なんとか経本なしでよみましたが、最後の一節で、サブローの写真の目と遇ってしまいました。やっぱり、かわいい。

もうすぐ、お彼岸ですね。

もうすぐ、お彼岸ですね。サブローがお世話になった動物霊園にも、近いうちに仕事の帰りにでも、行きたいと思います。般若心経もまだ75%くらいしか覚えてなく、その意味の深さも5%くらいしかわからないけど。  あそこに、まだ椿がさいていたら、写真に撮りたいし。連れのリヒトル君は、あんな悲しいとこ、いやだよと、いってました。ひとりで行きます。

一雨ごとに春になりますね。

きょうは、サブローの月命日です。アルストロメリアリリーとマーガレットに花を替えてやりました。私は心が弱いので、動物霊園のお世話になり立ち合い葬でしたので、サブローはすぐ土に帰るでもなく家の観音様の前におります。そのうちペンダントの中にいれあとは椿の下か動物霊園の観音様のしたにでも収めて土に帰そうかと思っていますが3年位はそばに置くつもりです。ペンダントはもう用意してありますが。  ところで、今日も雨、一雨ごとに私の心も洗われます。木々の若芽のように。心を建て直し、絵でも、又始めようかな。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR