FC2ブログ

らくがき風 『ある日の街』


少し前、名古屋駅周辺では、あちらも、こちらも工事中であった。
 
向こうにはセブン、メルサ、名鉄デパートが、みえる。
 
むかって、右側は、工事中、左側は、つぼ八か・・・。
 
 
そんなある日、赤い変わったヘルメットをかぶり、全身黒で、手袋は赤と言う男
 
が、スポーツ自転車でびゅーんと、やってきた。
 
 
その時のそれぞれの人間の一瞬の心の動きが、とらえられたら・・・
 
なつかしい、工事中の風景のなかで・・・。
 
 
(これも油にする予定。現在構図だけ、らくがき風に)
 
 

実話『ベリーショートの髪の女』

 

 
 
灰色の襟なしのシャツにジーパン、そして、髪は
 
ベリーショート、30代後半、身長165センチ位か
 
 
割と、美人?いや男か?
 
そう思っているうちに、物凄いスピードで歩いて私を追い抜かして行った。
 
その顔はニヤッと笑っていた。 薄気味の悪い奴だ。そうだ、間違いない、
 
1ヶ月ほど前、お墓で後ろから声をかけてきた女だ!!           
 
        
 
『私、男運が、ないのよね。』                         
 
『え?』                                      
 
 
『私はお墓に入れないのよ。』                         
 
 
 
『え??』                                    
 
『私が好きになる人、好きになる人、結局結婚できないの。』      
 
『・・・・・・』                                   
 
『だから、私は永遠に一人なの。』                     
 
『・・・・・』                                    
  
『男は、みんな、私から逃げていくのよ。』                 
 
女は言いたいことだけ言って、走っていった。             
 
  あの時の女だ。      せめて、髪型を変えて、灰色の服をピンクとか、
 
襟ありにすれば、運もかわるかもしれないが・・・・・            
 
 
なぜ、私に話しかけてきたんだろう・・・・・
 
 
  直子はなぜか、背筋が寒くなった。   オシャレでもない、自分自身の足元を見ながら。                                
                    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

心の雨戸を半分閉ざしている男


男は薄暗い中を寝そべって、手探りでタバコを灰皿の上に置いた。

寝タバコが、やめられない。 咳も少しも、とまらない。


隣の部屋には娘が寝ている。ひとり娘だが、とうに婚期は、すぎている。


雨戸が半分だけ閉めてあるが、キンモクセイの香りは、この男の部屋にもはいってくる。


男は定年まで、木工所で勤め上げたが、今は、縦のものを横に動かすのも、おっくうなのである。

娘は昼から寝ていて、週に3回透析を受けている。若い頃のシンナー遊びと男遍歴の為と噂されているが・・

妻も母も男が退職し家にいるようになると次々に、他界し、病弱な娘だけが残った。


この男、中学までは、校内1位の成績で生徒会長までやった活動的な男だったが、どこでどうなったのか

今では心にも半分雨戸を閉ざしているようだ。



キンモクセイの花がこの男とは無関係に光まばゆく咲いていた。知多半島の先端のこの男のすぐそばで。

(画像はデジカメで撮ったもの。)

あの変な奴は誰だろう・・・


女 『道の途中で気味の悪い人に逢ったわ。』

男 『どんなやつ?』

女 『髪が長くて、ごく短いショートパンツをはいて、サングラスをかけているの。』

男 『そんなやつ、いっぱい、いるじゃないか。』

女 『それが、どうも、男らしいのよ。』

男 『そりゃ、そうだろうさ。』

女 『みたの?』

男 『安アパートに住んでいるけど、変なやつじゃない!』

女 『つけたの?』

男 『・・・』

女 『一寸気味の悪い人なのよ。』

男 『胸をはって、あそこまで堂々としているから、話せば知的な奴さ。』

女 『知的ですって?』

男 『たぶん、漫画家だろう。』



町の再開発で、そのアパートも今はこわされ、麗人街?も、消えた。あの、変な奴と、共に・・。

(画像は、関係ありません。漫画が、描けるといいのですが・・)

ノンフィクション『ある高校生の会話』

『おれ、就職、決めたよ。』

『進学しないのか?』

『うん、残された短い日数の中、冷静に考えたらオレには勉強は向いてない。あまり、やる気もないし・・・』

『で?』

『特別養護老人ホームに就職することにしたよ。』

『ジミだな』

『オレは老人の無表情な顔を頭に浮かべてきめたんだよ。』

『おまえが、その表情を変えれるか?』

『オレは就職しながら、調理師の免許をとるんだ。うまい料理を作って、老人を心の底から笑わせる。』

『マジか?調理だって勉強は、いるんだぜ。』

『でも、感性の世界がほとんどだ。オレでもできそうなんだ。』

高校生はだぶだぶのズボンを腰の低目にはき、鋭い目をして、にやりと笑った。

満足そうだった。


(通勤電車の中、本を読んでいて、たまたま、前にいた高校生の会話が聞こえてきた・・)

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR