FC2ブログ

赤堀先生が書籍を出版


ブログで仲よくさせていただいている赤堀先生が
本を出版されました。
以下赤堀先生のブログ抜粋。
この度、明智光秀公を主人公とする本を出版いたしましたので、ご案内申し上げます。
 私の作品は歴史ファンタジー小説と呼ばれることが多く、完全には歴史とは一致しませんが、夢とロマンのあふれる物語です。題名は(虹の地平線)と言いますが、明智光秀公の坂本城から眺めた景色から採りました。
 この作品を書く動機になったのは、明智光秀公が数々の善政を行っているにもかかわらず、天下の謀反人と言われ、現在でも主殺しの汚名を背負っているからです。戦国時代は下剋上と呼ばれるとおり、主君を討つのが必ずしも正義に反するものではありません。
 また、歴史は勝者が書くものです。それは世界のどの国、どの歴史を見ても、勝者の都合の良いように書きかえられています。具体的には、織田信長の仇を討つという旗印を掲げた羽柴秀吉の策略の巧さかもしれません。主の弔い合戦となれば軍勢に迫力が生まれ、逆臣を討てとの正義感に変わります。
 そして、明智光秀の暗く寂しいイメージが定着してしまいますが、明智光秀にも明るい青春があると考えました。そうして書いたのが、今回の(虹の地平線)であります。
「日本史はいつまで明智光秀を逆臣とするのか。彼に明るい青春がある」との思いで書きあげた小説です。お読みいただければ幸いです。
 結びに、八月になって残暑になる訳ですが、まだまだ過ごし易い季節ではありません。健康に留意してお過ごしください。                                                          敬具
平成二十六年八月吉日
関係各位
                                                         赤堀芳男
・・・虹の地平線・・・
著者 赤堀芳男
出版 平成二十六年八月八日
発行 東京図書出版
価格 1300円(税抜き)
・・・明智光秀の輝く青春・・・
足利尊氏ゆかりの釉裏紅の麒麟の茶碗「春風」、そして斎藤道三ゆかりの辰砂の鳳凰の茶碗「松風」。
この二つの茶碗と鳳凰の精霊美羽によって、明智光秀、濃姫、香林又太郎と礼二郎の兄弟たちは、不思議な運命へと導かれていく。
 
興味のある方は是非、本屋さんへ注文してあげて、下さい。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR