FC2ブログ

男性ポーズ(立ち姿)下着あり



男性立ちポーズです。実際にクロッキーができれば
一番いいのですが、お金と時間がありません。
男性の基本ポーズという本を買って描いています。

三日坊主にならなければ、いいのですが・・・・。
というか、一週間に一度だけ、描きます。
女性は10代の頃、金曜日にクロッキー会があって、毎週描いていました。あたりまえですが、男性と女性は、こうも違うと、思いました。
ちなみに男性のクロッキーは、いままで、描いたことがありません。今回の写真集は、下着をつけているので、ブログにアップしやすいです。



クロッキーモデル映子


私の彼、彫刻科の学生なんだけど、甘ちゃんなのよね。

クロッキーモデル映子は、そう言って、なぜか、遠くをみつめて、寂しい目をした。

誰もが、彼が卒業したら、その恋は、終わると知っていた。


もちろん、8歳年上の彼女自身も・・・・





  (私が18歳頃、美術研究所でクロッキーの休み時間にモデルの目をぬすんで描いたクロッキー
そのため、紙がくしゃくしゃに・・・)

クロッキーとお話 『なぜか自信がある女』


会社の廊下を、さも忙しそうに歩く女がいた。

特別美人でもなく、キャリアウーマンでも、ない。フツーの女である。

しかし、彼女は自信たっぷりなのである。

お湯は朝9時から10時まで、やかんの蓋をあけたまま、沸かす。それから念入りに30分かけて、フキ

ンを、すすぐ。


彼女の本当の仕事はなんだろう。経理のはずだ。それも、金庫番・・・

忙しそうに彼女はいつもしているが、仕事は、していない。

そんな、ある日そこの会社の社長が彼女と金庫の前で立ち話をしているのを偶然見てしまった。

今まで色黒にしか、見えなかった彼女がセクシーで香りまで変わったようだ。

社長も満面の笑顔で別の男性のように、みえた。

二人にスポットライトが当たったように、幸福にみえた。

金庫番である彼女は、金庫もあけるが、ついでにカルキをとばしたおいしいお茶といっしょにこの社長に

魔法をかけてしまうのだろうか。


(画像は、きのう、私が描いたクロッキー)

クロッキーと、お話『ネット少年ジョン』


これは、みんなのところへ毎朝遊びにきては、削除され続けている、ある少年(仮称ジョン)の、おはなしです。

ジョンは高校生、成績も真ん中くらいの普通の少年であった。

ただ、彼にはひとつ、秘密があった。それは、アルバイトだ。

ピンクサイトのある時はサクラ、ある時は、宣伝マンとなり、男や女を演じる。ウエブのコメは、日に500くらいは、打つだろうか・・・

機械コメントもOKと、業者からは言われている。

しかし、彼は、ある日現実に自分自身がお客として試してみようという気になってしまった。

相手の女性はジョンとおなじ金髪に髪を染めた、かなり年上のクールな女性であった、

一夜かぎりのことだと、ジョンは思った。

だが、朝になる前に彼女はいなくなり、口紅で鏡に『ようこそ、私たちの世界に』と書いてあった。

私たちの世界だって・・・と、ジョンは喜んだ。

しかし、月日の流れるうちに、後戻りができないことに、気がついた。

私たちの世界とは何かが、体が蝕まれていくうちに、理解できたのだ。

でもジョンは今日も、コメントを打つ。

俺、マジで、○○で、楽しかった。とか、よかったら、僕のブログを見てください、など・・・

ジョンは、こんな世界から脱出できる鍵を自分自身が持っているのを忘れているかのようだった。


(画像は、19歳のとき、私が描いたクロッキー)

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

プロフィール

tubaki3626

Author:tubaki3626
ようこそ、つばきのアトリエへ♪
動物の心に寄り添った絵を描いていきたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR